みのりサポートについて

みのりサポートについて

あなたを”ひとり”にはいたしません

お一人暮らしの高齢者様をサポートいたします

 ご挨拶

   私たち"みのりサポート"は、主に「お一人暮らしでご親族が近くにいらっしゃらない方」、「周囲に助けを求めにくい方」を対象に生活支援をする団体です。
 内閣府によりますと、2012年度の段階で、全高齢者さまの内で認知症でいらっしゃる方は7人に1人の割合でいらっしゃいます。数にして462万人です。そして2025年には更に増加し5人に1人の割合にまで増えると考えられています。数にして700万人前後です。そうしますと認知症になり日々の判断がおぼつかなくなれば、病院や介護施設、更にご家族の中でも様々なトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。
 また日々の生活が苦しくなり行政に対して何か便利なサポートをお願いしたい時、私たちはこちらから申請しないとサポートを得ることができません。ですので、認知症になり自分の考えも整理できなくなっていくと、自分から行政へサポートをお願いすることもできず、状況は孤立していくばかりです。特におひとり暮らしの高齢者さまはそうでしょう。
 そんな時、私たちの周りに家族や定期的に会う人間関係があれば、いざという時も安心することができます。けれども高齢者さま全員がそのような環境にいらっしゃるでしょうか。お一人暮らしの方、または周囲に助けを求めにくい方など、心身共にサポートしてくれる方が身近にいるとは限りません。もちろん身近にいらっしゃる方もいらっしゃいます。けれどもそうでは無い、繋がりが希薄な高齢者さまはどのようにすれば良いのでしょうか。こうした状況は外側からだけでは見えるものではありません。
 そこで私たちみのりサポートは、それぞれの店舗ごとの地域に根差し、できるだけ事前からサポートを必要とする方々と繋がり、専門知識を活かしつつ「温かみを持った支援」をしていきます。常時から地域の行政や医療・介護施設と繋がりを持ち、トラブルになる兆候を捉え迅速な対応をしていきます。また私たちは、お困りの方の権利擁護や財政支援にも力を入れて参ります。時と共に法律や制度は変わっていきますので、日々それらを学習する研鑽を惜しみません。更にこうした高齢者さまのトラブルに対する注意喚起にも心を配って参ります。路面店舗の特徴を活かし、誰でも気軽に相談できるような催し物を定期的に開催いたします。
 楽しいことを話すことは簡単ですが人に助けを求める声は届きにくく、えてして聞こえにくいものです。私たちみのりサポートはそうした微かな声も聞き逃さないよう日々活動しております。これからの人生、またこれまでの人生が実りあるものと感じていただけるように、私たちみのりサポートスタッフ一同は心より願っております。

大阪オフィス

責任者:戸根 裕士(代表理事/行政書士)

住所:大阪府大阪市城東区中央2-10-18

最寄り駅:長堀鶴見緑地線「蒲生四丁目」駅


南丹オフィス

責任者:宇田慧吾(理事/行政書士)

住所:大阪府大阪市城東区中央2-10-18

最寄り駅:山陰本線「園部」駅


六甲道支店へのアクセス

責任者:本間優太

住所:兵庫県神戸市灘区八幡町1丁目6−9

最寄駅:JR西日本「六甲道駅」

 

PAGE TOP