お墓のサポート

お墓のサポート

お墓に関する疑問、何でも答えます

先祖から受け継いできたお墓をこれからどうしようとお考えの時、必要なのはお住まいの地域やお墓の宗派・形態を知ることです。お墓は地域や墓地の特徴によってルールが異なることがありますので、ご依頼者様のご希望に沿って緻密に対策を建てなければなりません。私たちみのりサポートはそのような臨機応変な対応を心がけています。

お墓の移動

前もって身内のお墓を他の墓地から移して整理したい方もいらっしゃるでしょう。その場合、現在の墓地管理人と行く先の墓地管理人それぞれとの調整が必要であり、その上行政の許可まで申請しないとなりません。そのような煩雑な手続きに迅速なサポートがあると安心します。

お墓の継承先とは

お墓の継承先は家族に限りません。生前に口頭でもいいので指示しておけば第三者にも継承権はあります。しかし墓地によっては継承は親族に限ると制限しているところもあります。ですので地域や墓地ごとのルールを丹念に調べ万全の対策をしてくれるサポートがあれば助かります。

死後の事務代行

納骨や葬儀の手続きは役所や業者とのやり取りもあり家族にとって大変な負担です。また遺された思い出の品は簡単に整理できず、さりとて放っておくことも出来ません。そんな中、お墓の手続きから遺品整理まで死後の事務を一括してお願いできれば安心です。

サポート事例

事例1
:相談者Aさん(80代)、家族構成=配偶者、お子さま無し
【親戚とは縁が薄いので自分の葬儀や埋葬を誰かに依頼したい】
→サポート内容:「希望する葬儀等の聞き取りとそれを実現させる契約書の作成」
事例2
:相談者Yさん(70代)、家族構成=配偶者、お子さま無し
【家族もいないので死後の部屋の掃除と財産の処分を依頼したい】
→サポート内容「行政書士による遺言書の作成、死後の事務を委任する契約書の作成」

ご契約内容と費用

1.【委任契約】
お墓の改葬や継承先を巡る行政との交渉など、代理してもらう内容を決めて、その代理権を与える人を選ぶ契約です。
※料金
改葬許可申請書作成(4万円)+各種証明書取得(3万円)+その他代行手続き(1万円)
2.【死後事務委任契約】
亡くなられた後に代理する各種手続き、つまり病院施設の清算や契約解除などの内容を定め、その代理人を決める契約です。
※料金
相続財産の数%を頂いております。
資産状況によって異なりますので詳しくはお問い合わせください。
→提携する専門家に依頼し、ご依頼者様をサポートする関係を公的に証明する手続きが必要になります。
※ご契約時の費用(1回限りの費用)
公証役場・公正証書作成費用(7~9万円)+委任契約書等の起案(3~6万円)

PAGE TOP